So-net無料ブログ作成
検索選択

ホットナイフ人気ランキング|口コミ、料金など

プラスチックなど、切りにくい製品をきれいに切れるホットナイフを探してみませんか?
ホットナイフは、電気を使って刃先を温めてプラスチックなどを簡単に切断できる用具です。いままで、カッターナイフで切っていたものをホットナイフできれば断面もすっきりとしたものになり簡単綺麗に切断できます。手軽なお値段帯で購入できるので、ひとつ常備されていたら便利ではないでしょうか。収納の場所もとらず、用途は多様ですのでお勧めです、簡易なものから本格的なものまでさまざまです。Amazonでは、全国へ配送料無料で購入できます。ご購入は、Amazonがおすすめです。 
 
 日曜大工はほとんどしないといった方でも、ホットナイフは1台あれば使い勝手もよく、あると便利な商品です。市販品を自分の持ってるオリジナルの商品に合わせて使うなど、生活の場面でプラスチックの切断が必要な場面は意外と多いものです。そして、ホットカッターを使わずに無理やり切れば、断面が均一でなく仕上がりもよくありません。そんなとき、ホットナイフを使えば仕上がりはまるでプロ並み。わずかな時間できれいに仕上がります。そして、ホットナイフの使用方法も簡単なので、説明書とおりに作業を行えば、誰でも簡単にホットナイフが使えます。小型の用具なので、収納の場所もとらず、ご家庭の工具箱に収まります。
半田こてと一緒になったタイプなど、ホットナイフとしてだけではなく、他の用途も合わさったものもありひとつあれば便利ですね。
ホットナイフの情報を見ながら、是非この機会にご購入されてはいかがですか。 
 
ホットナイフについてのエピソードを一つ。 
 
私はパソコンの製品会社で、仕事柄新入社員なりたての頃はよくホットナイフで部品の切り出し・接合をやらされたものです。会社のホットナイフは業務用の大型のため、それなりにきちんとして装備をしなければいけなかったのですが、上下に鉄の鎧のような服を着るとまるでロボットのような気分になったものです。当時高校を卒業したばかりの18歳の私にとって、それはあまりにも苦しい作業でした。朝の9時から夜の8時過ぎまで、延々とホットナイフを使い続ける作業。今でもあの時のにおい、光景が目に焼き付いています。
作業着を着ていると本当に汗が出ました。仕事自体が本当にきつく、重いものを持ち運ぶ作業などもすべて鉄の作業着をつけながらの生活でした。仕事が終わったあとの爽快感はすごかったですが、良くあの作業場で1年も働いたものだと思います。
けれど、本社に勤めるようになってからその大切さが痛いほどわかりました。現場に向かって指示を飛ばす時、あの経験がなければ決して適切な指揮ができなかっただろうと痛感します。あの時のホットナイフの使う手の動きを体でしみこませているからこそ、新入社員に1から仕事を教えることができる。会社に入って様々な会社のことを学んだなあ、とつくづく思います。
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。